読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『出発点―1979~1996』 宮崎駿

近所の本屋になぜかドンと置いてあったのでつい手に取ってしまいましたが、かなり古い本なのですね、これ。
1996年初版らしいので、20年前。
なんでそんな本が町の小さな本屋に今さら平置きされていたのか謎ですが、さすがは世界のハヤオだけあってその存在感(厚さ)たるやw
手に取らざるを得ない雰囲気と、買わざるを得ないと思わせる何かがありました。
と言うことで、ほぼ迷うことなく買いましたよ。2800円もしたけどね…

ちなみに小説でもノンフィクションでもなく、インタビュー記事や寄稿文などをまとめたものです。

しかしとんでもない分厚さだな…。読めるのか、これ…?(汗)

出発点―1979~1996

出発点―1979~1996