読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『パンゲアの零兆遊戯』 上遠野浩平

買った 小説

上遠野さんとは「ブギー・ポップ」シリーズで出会ったのが最初です。まあデビュー作なので、そう言う意味ではかなり長いお付き合い。
デビュー作のタイトル『ブギーポップは笑わない』は、僕の中で個人的に素晴らしいタイトルベスト3に入ると思うぐらい好きです。
かっこいいし何よりリズム感がいい。

ただ、「ブギー・ポップ」シリーズ以外は実はそんなに手を出していなくて、継続して読んでいるのは講談社ノベルス「戦地調停士」シリーズぐらいでしょうか。
でも読まなかった理由は特になくて、おそらく書店で見つけられなかっただけです。

なので、とりあえず書店で上遠野さんの名前があれば少なくとも手には取ります。
これもその理由で手に取って、あまり深く考えずに買いました。
まあ上遠野さんであれば内容的には安心ですし、手に取った瞬間に9割がた買うつもりだったと思います。

それにしても今月はハードカバーで良い本が多過ぎて出費がたいへん…(苦笑)

パンゲアの零兆遊戯

パンゲアの零兆遊戯

 

 

ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))

ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))