読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『ヒクイドリ』 古野まほろ

感想 小説

連続まほろ
しかも、初めてのシリーズ外作品
正直に言って、「まあ『天帝』と『セーラー服』以外も一回ぐらい試してみるか。あ、『外田警部』はちょっと例外ね」ぐらいの気持ちで買ったので、あまり期待もしていなかったのは事実です。
で、感想としては、「惜しい」と言う感じ。

この「惜しい」は内容的にもうちょっと良くなっただろうに、と言う意味での「惜しい」ではなく、「これが古野まほろの作品でなければもっと面白いと思えたろうに」と言う意味での「惜しい」です。
つまりですね、作者が古野まほろであるが故に、そして僕が古野まほろのメインシリーズのファンであるが故に、「古野まほろならもっと…もっとやってくれるはずっ…」と言うよくわからん期待値があったわけです。
それも、「もっと面白くしてくれるはず」ではなく、「もっとまほろっぽくしてくれるはず」みたいな、本当によくわからん感じでw
まあただの一読者にそんな期待をかけられても作者も迷惑でしかないでしょうけど、特徴のある作品を書く人だけに、どうしてもそこに基準を置いちゃうんですよねえ。

もちろんこの作品もあらすじからは読み取れないようなまほろっぽさはたくさん盛り込まれてはいるのですが、なんかねー。なんか物足りない
なのできっと作者が古野まほろでさえなかったら、「いやあ、なかなか面白かったなあ」と言う感想になったと思うのですが、古野まほろであるがためにそうも言えないと言う、なんとも微妙な感想ですw

book-aok.hatenablog.com