読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『危険なビーナス』 東野圭吾

感想 小説

★☆

いやー、今回はダメでした(笑)。
【買った】の時に、ひがりんは合う作品と合わない作品がハッキリ分かれると書きましたが、今回は残念ながら後者。
まったく合いませんでした。

理由はいろいろあるのですが、まず僕はこの作品のヒロインのようなタイプの女性キャラが苦手(笑)。
自分の目的のために相手を利用するだけ利用する、描き方次第ではただの悪女になるタイプ。それがヒロイン役なのでもうイライラするったらない。
そしてこんなに明らかに利用している感出まくりのヒロイン(弟の嫁)に対し、大した疑問も抱かずに好意だけ持って付き従ってしまう上に意味不明な独占欲丸出しの主人公も苦手(笑)。

まあヒロインがそういう行動を取るのには理由があるし、主人公もそういうキャラじゃないと話しが進みにくいから仕方ないと言えば仕方ないのだと思います。
が、終始その二人を追いかける視点のストーリー展開なので、最初から最後までずーーっとイライラするわけですw
それが何よりもダメだった理由ですね。読んでいる間が苦痛すぎました。
最後のどんでん返しでスッキリ爽快!…と言うほどのカタルシスもなく、むしろ「そんなのアリ?」と言う感じ。
日本の警察がそんなことしないでしょ、と思っちゃって、ぶっちゃけまあ結末に説得力があまりなかったですね。

と言うことで、結論としては残念。
…て言うか、最近ひがりん作品で「良かった!」と思った物の方が少なくなっている気がするので、もうガリレオシリーズだけ買うようにしようかなあ…
まあ、例によって僕の個人的な感想なので、合う人もいると思います。

余計なお世話なんだと思いますけど、ひがりんは年に書く量を半分ぐらいに減らして、その分を作品のクオリティに注ぎ込んだらとんでもない作家になるんじゃないかなーと思いますが、今でもこれだけ売れてるんですからまあ本当に余計なお世話ですね(笑)。

book-aok.hatenablog.com