読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『嶽神伝 孤猿』 長谷川卓

☆☆

前作に続き、安定した面白さですが、ただもう本当になんつーか山の民強過ぎ
忍者業界でも「最強」に近いと言われてるような化け物に結構あっさりと勝ってしまうところとか、「いやいやいや、それはさすがに」とか思わないでもないです。
あと、そんな感じでやられまくっている忍者集団がそれでも懲りずに立ち向かって行ってほとんど壊滅してしまいそうになったりとか、しかもその行動が主君からの命令じゃなくて怨恨だけで動いてたりとか、「あれ? 忍びってそういう人たちだっけ?」みたいな違和感も。

とまあ、普通に考えるとむしろ粗ばかり出て来るのですが、それでもそれなりに面白く読めてしまうのだから、それだけ筆者のエンタメとしての物語構築力はすごいのだと思います。
前作同様、こういう細かいところが気になってダメという人には勧められませんが、ハリウッドのアクション映画的に頭をからっぽにして楽しむには良いのかも。

book-aok.hatenablog.com