読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

本の買い方

つれづれ

僕は基本的に書店買い
たぶん95%は書店で、残りの5%ぐらいがAmazonかな。
Amazonを使う時は、基本、買いたい本が決まっていて、その本が書店になかった時ぐらい。
なのでだいたい古い本かマニアック過ぎる本か、もしくは全巻まとめて買いたい時か…まあだいたいその辺です。

Amazonさんは確かに便利なんだけど、僕は出会いを求めて書店に行ってるのでねー。
だいたいの場合、買いたい本を買いに行くわけではなく、「何か面白そうな本が出てないかなあ」と思って行くわけです。まあ宝探しみたいなものかと。

もちろん、コミックの新刊とか発売日をチェックしてそれを買いに行く場合もあるけど、まあだいたい二日に1回ぐらいのペースで本屋に行くので、実はそんなにこまめに発売日とか把握してなくてもだいたい買えると言うね(笑)
ここ数年でコミックの新刊を買い逃して、後から「え、出てたの?」ってなったのはたぶん2~3回しかないはず。

でね、やはりこういう出会い重視の視点だと、ネットはなかなか難しいもので。

表紙画像は見れるし、あらすじや紹介文も読めるし、リアルと何が違うのかと言われると困るんだけど、やはり実感とか訴えかけてくるものが違う
仕事の関係で、Skypeを使った打合せをすることも多いのですが、あれに似てますね。
目の前にいるのと理屈上は何も変わらないはずなのに、何故か「伝わる」という意味でのコミュニケーションレベルが落ちる感じ。
なかなか言葉にして上手く説明できないのだけど…

まあそんなわけで、ステキな出会いを求めてせっせと本屋に繰り出す日々です。