読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『アンマーとぼくら』 有川浩

これはまあ有川さんだから、と言うのが手に取った理由ではあるのですが、買いたいと思ったのはあらすじを読んで。
転載すると以下の通り。

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。

意味深に「おかあさん」が「」括りされていたり、一人目って何?と思ったり、短いのに気になるように上手く書かれたあらすじだなあと思ってまんまと買っちゃいました。
あとは表紙の、ものすごくきれいな海の写真にタイトルと作者名のみ、という潔い装丁になんか妙な安心感があって、「まあ有川さんだしこの海だし大丈夫だろう」と言うよく分からない納得感が(笑)

アンマーとぼくら

アンマーとぼくら