読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『家康、江戸を建てる』 門井慶喜

小説 買った

タイトルが全てを表しているような本ですが、もうこのタイトルだけで買いですね。
こんなの面白そうに決まってるもの。
だって、江戸という町がどうやって出来上がったのかという、それだけでも興味深い歴史題材を家康目線で描くってことは、これはもうリアルシムシティ(江戸ver)なわけで。
シミュレーションゲーム好きの心もくすぐる素晴らしいテーマですよ。
あー、早く読みたい。

家康、江戸を建てる

家康、江戸を建てる