読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『QED ~flumen~月夜見』 高田崇史

高田さんはですね、なかなか因縁が深くてですね(笑)。
このブログの前にも感想書いたりってことはFacebookやそれ以前はMixiなんかでやってまして。
で、もうこのQEDシリーズも長いので、それこそMixiの頃からちょいちょい感想は書いてるんですが、ずーっとだいたい「中の下」ぐらいの評価なんですよ。
星で言うと2.3ぐらいw

なのに、何故か買ってしまう
もはや自分でも理由がよく分からないんですけどね。

決して面白くないわけではないです(じゃないとさすがに買わないです)。
それなりに面白いのだけど、肌にしっくり来ない、と言う個人的なフィット感の問題で評価が高くないんですが、それにしたってじゃあなんで買い続けるんだって話で。
でももうそんな風に思い続けて10年ぐらい経っているので、これはもう解明不能かなと。
そう割り切って最近は買ってます。結局買うんですけど(笑)。

QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)

QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)