読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『夜行』 森見登美彦

小説 感想

★☆☆

なるほど、こう来ましたか。
これはまいったな。本当に純文学じゃないですか。

いや、まあこんなこと言うと、そもそも「純文学」の定義とかから問題になって来るのですが、僕はごくごく単純に、「娯楽(志向)」か「芸術(志向)」かで判断しています。
そう言う意味で、この作品は僕的にはまぎれもなく純文学。

でも芥川や三島、太宰とかの系譜ではなく、どちらかと言うと白樺派的な。
まあタイトルから、どうしても志賀直哉を連想してしまうだけかもしれませんが、何となく読みながらもそんなイメージを抱いていました。

まあファンタジー要素もありますし、ホラーっぽい要素も入っているので、そこだけ抜き取るとエンタメっぽいですが、僕の読後の印象は娯楽ではなく芸術でしたので、あくまでも純文学だと言い張ろうと思いますw

book-aok.hatenablog.com