読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

楽園への招待状

つれづれ

ここのところ更新頻度が高いのですが、それには理由がありまして。

読書がね、進んでるんですよ。

そして読書が進んでいることにも理由がありまして、実は数日前から、Wi-fi環境のないところではスマホゲームをやらない」と決めたんです。

この数年というもの、スマホでお手軽にゲームが出来るせいで、ついついそちらに時間を取られてしまって。
あれって、よく出来てますよね。
うまいタイミングでイベントとか出して来て、けっこうな時間をそこに注ぎ込むようにさせてる。ほんと上手いです。
複数のゲームを掛け持ちしてたりすると、イベントだけでかなりの時間が必要になります。
しかもすぐに始められていつでも中断できるのでお手軽。電車移動には最適のヒマつぶしアイテムだと思います。

実は僕、今の家に引っ越してから読書量が減りました。
なぜかと言うと、出勤・帰宅時の電車内で読むことが激減したからです。
と言うのも、今の出勤ルートは3本の電車を乗り継ぐのですが、どれも微妙に中途半端な乗車時間なんですよ。だいたい全部10分前後。
この時間って、物語に入り込むには微妙なんですよね、正直。
雑誌や啓発本のような物なら別に良いのですが、小説を読むには微妙なんです。個人的にですけど。

なので、どうしてもお気軽お手軽なスマホゲームに手を出してしまっていたのですが、最近、それに取られている時間が結構増えているなと言う自覚はありまして。
ちょっとよろしくないなと思っていたわけです。
とは言え、スマホゲームはスマホゲームで面白いので、急にやめると言うのもなかなか難しく…(意志が弱いだけですが)。

そこで、折衷案として、やるのはWi-fiに繋がっている時だけにしよう、と決めたわけです。通信料の節約にもなるし。
そしてその時間はすべて読書に充てよう、と。
そうしたらまあ読めること読めること

ちなみにこれまでゲームをやっていた時間がどれだけ読書に変わったかと言うと、

・通勤電車→往復で約70分ほど
・昼休み→1時間
・お風呂→だいたい40分ほど
・トイレ→長いと30分ほど

こうして見ると、だいたい1日3時間以上も読書時間が増えてるわけですよ。
そりゃさくさく進むわ。
何なら1日で1冊終わるわ。

まあ僕はそんなに読むスピードは速い方ではないので1日で1冊終わることは滅多にないのですが、それでも2日あればほぼ読み終わります。
そりゃ京極さんのハードカバー3巻組みも数日で終わりますわ。

当然、スマホゲームのベントランキングはだだ下がりではあるのですが、それは仕方ないですし、そもそもそんなに大事かと言うとそうでもないんですよね。
続けていると良いことがあるように出来ているので続けてしまうだけで。一度断ち切ったら、今度はむしろ復帰しにくくなるのがスマホゲームの特性ですね。

そんなわけで、6種類ほど並行でやってたゲームを2種類に厳選し、自宅か会社(おい)でしかやらないようにした結果、素晴らしく快適な読書生活を取り戻した僕です。
時間はないのではなく作るもの…とは良く言ったもんですね。

さあ、電車でスマホをいじりながら引っ張ったり擦ったり連打したりしている皆さん、こちらへいらっしゃい。幸せですよ?
楽園でお待ちしています