読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『弁護側の証人』 小泉喜美子

うん、まあこんな感じかな。
買った時に書いたのがほとんどそのままで、やはり古いミステリはいかに名作と言っても、トリックに驚きを求めちゃダメですね。
なのに帯や紹介に「衝撃のラスト」とか「ミステリ史に残る結末」とか書かないでほしいなーとついつい思ってしまいますが、でもそれはいろんなミステリを読んでスレてしまった立場だからこそ思うことで、ミステリ初心者の方には別に誇張でも何でもないんですよね、きっと。
で、出版社的には僕のようなスレた読者よりも初めてミステリに触れるような層の方が圧倒的多数なわけで、その人たちを取りに行くようなコピーを付けるのは当然ですよね、と。

と言うことで、まだ『アクロイド殺し』『そして誰もいなくなった』『十角館の殺人』も読んでいないと言う幸福な方にはオススメです。
逆に新本格以降のミステリにどっぷり浸かっている方は、「よく出来た構成だなあ」という楽しみ方をすると良いと思います。

book-aok.hatenablog.com