読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『無理難題が多すぎる』 土屋賢二

買った エッセイ

僕には「この人の文章が書けるようになったらいいのになあ」と思う方が二人いて、一人が浅田次郎さん、そしてもう一人がこの土屋賢二さんです。
浅田次郎土屋賢二を並べて語る人もそういないと思いますが(笑)、僕の中ではどちらも憧れの文章なんですよねー。

とりあえず、土屋賢二未読の方に誤解されないようにお断りしておくと、浅田次郎同じ意味で並べているわけではないのでご注意を。
あくまでも個人的に好きな文章と言うだけであって、浅田作品が好きなら土屋作品も好きになれるはず、とかそういう意味ではまったくないので(そもそも土屋さんは小説家じゃないのでエッセイしか出してないし)。
まあそういう注意書きをしたくなるような感じと言うことで察してもらえればとは思いますが(笑)、文体が好きなことも憧れていることもどちらも事実です。
つまり買った理由は、面白いことが間違いないからです。

無理難題が多すぎる (文春文庫)

無理難題が多すぎる (文春文庫)