読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』 井上真偽

わはは(笑)
これはもう期待通りと言うかなんと言うか、まあ面白がれる人にとっては面白いでしょう。
でもまあやっぱりそもそもいろいろ無理のある設定なので、マンガ的なノリでそれも許容できないと楽しめないでしょうけどね。
ただ、そういう風に楽しめるように全力で工夫はされていて、そこはとても誠実な作家さんなんだろうなと思いました。
前作の感想でも書きましたが、ケンシロウに「秘孔を突いても死なない」とか真顔で突っ込むのは野暮なわけで、それはそういう設定もまるっと飲みこんで楽しむと良いのかなと思います。

とは言え、実は僕もどちらかと言うとそういう感じで楽しめないタイプなので、今回は何かよく分からないところで嵌まったんでしょうね(笑)。
無理な人は無理だと思いますし、それが懐が狭いとか言うわけでもないかと。

book-aok.hatenablog.com