読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『双亡亭壊すべし』 藤田和日郎

コミック 買った

藤田さんの作品は『うしおととら』がもう大好きで。
あれはまだ高校生ぐらいの頃でしたけど、とにかく面白かった。

ただその後、実は連載作品はちゃんと読んでいなかったのですよ。
そんなに明確な理由が何かあると言うわけでもないのですが、『からくりサーカス』『月光条例』も第一話であまり惹かれなかったのが理由かなあ。
僕は、「面白い漫画は1話目から絶対に面白い」というポリシーを持っていまして。なので1話目でピンと来なかったら買わないことにしてるんですね。
まあそれが理由で名作を読み逃していることもままあるんですけどw
上記の二つはそこに入っちゃった感じだと思います。

で、この『双亡亭壊すべし』ですが、これはなんかもう表紙からビンビン来るものがあって。
タイトルも良いですけど、理由の分からない圧と言うか、書店で手に取ったらもう戻せない感じと言うか、もはや呪いっぽいですが、そんな感じw
ジャンルとしてはホラーに括られるのでしょうけど、個人的には『うしおととら』の中の一章として出て来そうな印象で、だからこそとても楽しみです。

双亡亭壊すべし 1 (少年サンデーコミックス)