読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

【感想】『その可能性はすでに考えた』 井上真偽

感想 小説

★☆☆

正直イロモノだと思っていたのですが、意外と楽しめました。
「奇蹟」を証明するために、あらゆるトリックの可能性を否定すると言う、まあミステリとしてばトンデモな設定なので内容もそれなりに飛んでるわけですが、それでも読めたのはキャラが立ってるからかなあ、と。
これを本格ミステリだと思って読んだらたぶんほとんどの人が怒ると思うのですが、キャラが立ちまくってるせいでラノベかアニメを見てるような感覚になり、ミステリだったら「そんなアホな(怒)」となるところが、「そんなアホな(笑)」となって楽しめたような。
いずれにせよ、たぶんこうしていないとまともには楽しめなかった作品だろうとは思うので、結果としてはベストだったんじゃないでしょうか。
シリーズ化するなら次も読みたい。