読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『砕け散るところを見せてあげる』 竹宮ゆゆこ

小説 買った

これはなかなかタイトルが魅力的ですよね。まず手に取った理由はほとんどそれです。
で、決め手は帯の伊坂幸太郎の推薦文でしょうか。
そんなにすごい大絶賛、という感じの推薦文ではないのですが、「野心的な構造に感心した」とありまして。
小説の構造や内容に関してはいつもかなり野心的な伊坂幸太郎がそう言うのなら…と。

ただ、「野心的」とか「問題作」とか「革新的」とかそういう枕詞で紹介される作品って、合わない時は徹底的に合わないので、これはどうでしょうね。
何と言うか、お見合いにどう頑張ってお世辞を言おうとしても「かっこよくはない」人が来た時に、でもさすがにそうは言えないから「趣がありますね」とか「雰囲気が良いですよね」とか無理やり褒めてるような(笑)。
そうではなく、言うまでもなくかっこいいけどその上に、と言うことだったら良いんですけどね。
まあ、とりあえず読んでみてから。

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)