読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『美人薄命』 深水 黎一郎

これは帯の文句と裏表紙のあらすじに撃たれて買った。
「真実を受けいれた時、世界は反転し、涙があふれだす。」
まあ、最後の最後にこんな驚きが!と言うミステリだとよくある感じの煽りなのだけど、僕はこの手の煽りに非常に弱い(笑)
しかし、残念なことに、この手の煽りが正しかったことは数えるほどしかない(苦笑)
まあだいたいガッカリするよね、と。
でもそれが分かっていながらなぜ毎回その文句に乗せられて買うのかと言うと、ごくごく稀に、物語の最後に本当の本当にすべてが反転するような驚愕を与えてくれる本があり、その快感を一度知ってしまうとどうにもならないから。ある意味、中毒に近い
まあ本気の衝撃を受けるぐらいの作品は数年に一度ぐらいしかお目にかかれないので、ほとんど宝くじみたいなものだけど。
さてこれはどうでしょうね。

美人薄命 (双葉文庫)

美人薄命 (双葉文庫)