読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『本にだって雄と雌があります』 小田雅久仁

小説

さすがに新しく買った本ばかりだと毎日更新するのもキツくなって来たので昔のも。
これはもうズバリ、タイトルだけ(笑)
だってさ、こんなおかしいタイトルの本、気になるに決まってるじゃん。
そしてこんなおかしいタイトルの本がどれだけおかしい内容なのか、もう読みたくなるに決まってるじゃん。
ほんとズルい。こんなのタイトル考え付いた時点で勝利確定だもの。ズルい。
こういう才能には全力で嫉妬すると共に、全力で「いいぞ、もっとやれ」と言いたい。

本にだって雄と雌があります (新潮文庫)

本にだって雄と雌があります (新潮文庫)