読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

『図書館の魔女 烏の伝言』 高田大介

こりゃまたとんでもなく分厚い…(苦笑)
まあ1巻なだけ良しとするかー。前回は同じぐらいの分厚さで2巻組みだったし^^;

と言うことで、前作(デビュー作)が良かったので買いましたが、それを読んでなかったらさすがに躊躇しただろうと思う厚さと重さ。

それにしても、当時の自分は殺人的2巻組みの前作をなぜ買おうと思ったのか。
…って、まあメフィスト賞の受賞作だったから、なんだけど、それにしたってよく買ったなと思います。そしてよく読んだな、と。

確か1巻の中ほどぐらいまで読みにくくてかなり苦労して、もう読むの諦めようかなと思った辺りから急激に面白くなってその後は一気読みした記憶が。
今回は最初から面白いといいなあ(笑)

図書館の魔女 烏の伝言

図書館の魔女 烏の伝言