読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

感想

【感想】『バサジャウンの影』 ドロレス・レドンド

★☆☆☆☆ うーん…これはなんとも… 正直に言うと、面白くなかったです。内容と言うか、プロット的なところではとても魅力的な部分もあったのですが、まずとにかく読みにくい。文章は翻訳者によるところも大きいと思うので、作者の責任かどうかは分かりませんが、…

【感想】『天子蒙塵』 浅田次郎

★★★☆☆ んー、これは困りました。 いや、面白かったんですよ。間違いなく素晴らしい。まだ今回のシリーズ的には導入編なのでしょうけれど、〈ラストエンペラー〉をそこから描くか、と言う視点はさすがですね。皇帝そのものではなく、前代未聞の「皇帝との離婚…

【感想】『屋根をかける人』 門井慶喜

★★★☆☆ 星を付けるのがちょっと難しいなあ… と言うのも、序盤からの印象は良くなかったんですよ。理由はとにかく展開が早過ぎて。なんか冒頭に登場した時の主人公のキャラが、数ページ後にはコロッと変わっていて、その理由らしきことは確かに文中にあるのだ…

【感想】『リーチ先生』 原田マハ

★★★★★ とても良かったです。導入から一気に引き込まれ、最後までダレることなく楽しめました。僕は実際には数日に分けて読みましたが、「一気読みしたくなる本」と言って良いと思います。 そういう謳い文句の本って、多くはサスペンスとかミステリ系が多いと…

【感想】『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』 二宮敦人

★★☆☆☆ うーん…何と言うか、ちょっと期待はずれと言うか、帯や煽り文句で盛り過ぎたと言うか。 もちろん嘘は書いてないんですけど、かなり特徴的な人や部分をピックアップしていて(まあこれもプロモーションとしては当然なんですが)、残念なのは、本当にト…

【感想】『書楼弔堂 炎昼』 京極夏彦

★★★☆☆ ふーむ。そうか、こんな感じの話だったっけかwとまあ、完全に前作の記憶がすっ飛んでいて、おそらく100%楽しめなかったんじゃないかと思いますが、それでも面白かったのはさすがです。 それにしても、京極さんの本を読む時はよく思うんですが、続編…

【感想】『壁の男』 貫井徳郎

★★★★☆ 良かったです。でもこれ、ミステリじゃないですね。いや、確かに帯にもどこにも「ミステリ」とは書いていないんですよ。でも作者が貫井さんだし、あらすじにもなんか「謎が明かされていく」みたいな表現があるし、そしたらミステリだと思うじゃないで…

【感想】『QED ~flumen~月夜見』 高田崇史

★★☆☆☆ やはりと言うかなんと言うか、読む前に思っていた通りの感想。詳しくは「買った」を参照ww …ってこれで終わるのはさすがにアレなのですが、いやもうほんと何なんでしょうね、この人との関係性はw分かってるんですよ。こういう感想になるの。分かっ…

【感想】『ハリー・クバート事件』 ジョエル・ディケール

★★★☆☆ 帯で絶賛されているだけのことはあって、なかなか面白かったです。ただ、そこまでどんでん返しが凄いと言うほどには感じなかったですが。まあこれは僕がコアなミステリ慣れしてしまっているので期待値が高くなり過ぎているだけかもな、と。いつものこ…

『書楼弔堂 炎昼』 京極夏彦

これはまあ簡単で、前作が良かったからです。まあ前作が出てから既にけっこう経ってしまっているので、内容とかはもうほとんど忘れてしまっているのですが、「良かった」という印象だけは覚えていまして。 確か、「百鬼夜行シリーズ」に繋がるような人物が出…

【感想】『太陽の棘』 原田マハ

★★★★☆ 良かったなあ…胸に沁みました。 原田さんの得意分野である画家の話なんですが、絵の描写はそれほど出て来ないんですよ。それでも沖縄の画家たちが描いた絵がどれほど素晴らしいものだったかは、なぜか目に浮かぶように分かる。 僕が一番好きなのは、主…

【感想】『聖の青春』 大崎善生

★★★★☆ 素晴らしかったです。もちろん僕が将棋ファンであるという前提がありますので、そうでない方がどれぐらい楽しめるものかは分かりません。小説ではなくノンフィクションルポですし。 でも、それでもこれは素晴らしいと言い切りたい。そんな本でした。村…

【感想】『将棋の子』 大崎善生

★★★★☆ 良かったです。途中、何度も泣きそうになりました。ノンフィクションではありつつも、大崎さんの情緒的な表現は素晴らしいですね。 奨励会と言う、かなり特殊な将棋界独特の世界の中で、夢破れプロ棋士にはなれなかった者たちに焦点を当てた内容。もち…

【感想】『メビウス1974』 堂場瞬一

★★☆☆☆ これは感想に困るなあ… 小説としては面白かったです。ぐいぐい読ませるし、途中でだれることもなかったし。ただ、主人公に感情移入できない。イヤなやつ過ぎて。 ただ、この「イヤなやつ」の表現も難しいんですよね。物語によく出て来るあからさまな悪…

【感想】『夜行』 森見登美彦

★★★☆☆ なるほど、こう来ましたか。これはまいったな。本当に純文学じゃないですか。 いや、まあこんなこと言うと、そもそも「純文学」の定義とかから問題になって来るのですが、僕はごくごく単純に、「娯楽(志向)」か「芸術(志向)」かで判断しています。…

【感想】『虚実妖怪百物語 序・破・急』 京極夏彦

★★★★☆ これはwwいや、面白かったです。本当に言葉そのままの意味で面白かった。3巻組みでしたが一気に読んでしまいました。 帯だったかのどこかに、「京極版妖怪大戦争」と書かれていたので、まあ普通の内容じゃないだろうなとは思ってましたけどこれはw…

【感想】『黄金(きん)の烏』 阿部智里

★★★★☆ 既に前作の感想時に予告済みですが、素晴らしかったです(笑)。 シリーズ3作目。よくあるパターンとして、そろそろ慣れて来たが故の物足りなさみたいなのが出て来る頃ですが、そう言うのまったくなし。それどころか、展開を見事にこれまでと変えて来…

【感想】『ヒクイドリ』 古野まほろ

★★★☆☆ 連続まほろ。しかも、初めてのシリーズ外作品。正直に言って、「まあ『天帝』と『セーラー服』以外も一回ぐらい試してみるか。あ、『外田警部』はちょっと例外ね」ぐらいの気持ちで買ったので、あまり期待もしていなかったのは事実です。で、感想とし…

【感想】『ねらわれた女学校』 古野まほろ

★★★★☆ 良かったです。抜群の傑作とまでは言えないでしょうけど、期待を外さない秀作でした。 そもそもこのシリーズの舞台設定自体が、孤島にあるミッション系女子高と言う、まあミステリとしては古典的な要素満載の設定で、しかしそれを古くさくなく読ませる…

【感想】『鍵のかかった男』 有栖川有栖

★★★★☆ ああ、なんか久々に「ミステリ」を読んだ。そんな気分。最近はそもそも「ミステリ」というジャンルを読むこと自体が減ったのですが、そんな中でここ数カ月で読んだ「ミステリ」と呼べるのが、『その可能性はすでに考えた』『屋上の道化たち』『危険な…

【感想】『室町無頼』 垣根涼介

★★★☆☆ 期待していたのを100点とするのであれば、70点ぐらいには面白かったです。ただ『光秀の定理』と比べるとやや物足りない感はあり…まあ、明智光秀と言う、戦国の中でもそもそも魅力的な要素を多く持つキャラクターを扱った前作と違って、歴史上では実在…

【感想】『弁護側の証人』 小泉喜美子

★★★☆☆ うん、まあこんな感じかな。買った時に書いたのがほとんどそのままで、やはり古いミステリはいかに名作と言っても、トリックに驚きを求めちゃダメですね。なのに帯や紹介に「衝撃のラスト」とか「ミステリ史に残る結末」とか書かないでほしいなーとつ…

【感想】『ミスター・メルセデス』 スティーヴン・キング

★★★★☆ なるほど、これがスティーヴン・キングか。さすがですね。いろいろありますが、何よりもとにかく読ませる。その力量はすごいです。 正直に言うと、これを「ミステリ」と呼ぶことには、個人的にはちょっと違和感があります。どちらかと言うと「クライム…

【感想】『危険なビーナス』 東野圭吾

★☆☆☆☆ いやー、今回はダメでした(笑)。【買った】の時に、ひがりんは合う作品と合わない作品がハッキリ分かれると書きましたが、今回は残念ながら後者。まったく合いませんでした。 理由はいろいろあるのですが、まず僕はこの作品のヒロインのようなタイプ…

『BILLY BAT 20巻』 浦澤直樹

これまた最終巻なので、もう潔く感想だけ書きますw僕は浦澤直樹と言う漫画家は本当に天才だと思っていて、たぶん手塚治虫が生きていたら最も嫉妬したであろう作家なんじゃないかと思います。それぐらいものすごい実力のある人だと思います。僕が言うまでも…

『昭和元禄落語心中 10巻』 雲田はるこ

最終巻で【買った】の紹介ってどうなのって感じですが、前にも一回ありましたね。まあここまで買い続けたのは面白かったからだし好きだったからと言うしかないので、もう感想を書いちゃいます。 1巻を手に取った理由までは今となっては覚えていませんが、「…

【感想】『天切り松闇がたり5 ライムライト』 浅田次郎

★★★★★ 素晴らしいです。もはやそれしか言う言葉がありません。個人的に最も好きな作家と言っても良い浅田次郎さんの、さらに最も好きなシリーズである『天切り松』。毎度毎度本当に素晴らしい。いくら好きな作家とは言え、読む前からこれだけ【期待】のハー…

【感想】『烏は主を選ばない』 阿部智里

★★★★★ なるほどね。そういう構成ね。それでそう言うことがあったのね。 前作『烏に単は似合わない』を読んでいたなら(と言うかほとんどの人が読んでいるはずだけど)、このような感想を抱くはず。つまりこの作品は、『烏に単は似合わない』と対の構成になっ…

【感想】『ポーラー・スター』 海堂尊

★★☆☆☆ なるほど、こうなりましたか、と言う感じ。 決して悪くはないんですよ。掛け値なしに面白い!とまでは言えないけど、充分に楽しめる。でも、何か物足りない感じ。 何だろうな、と思って考えてみたのですが、たぶん、キャラの濃さなのかなあ、と思いま…

【感想】『外道クライマー』 宮城公博

★★★☆☆ あれ? 感想書いてなかったか…。だいぶ前に読み終えていたのですが… ちょっと感想が難しいのですが、率直に面白かったかと言われると、「まあまあ」と答えるしかないかな、と思います。ノンフィクションなので、過剰な文章的演出がされていないと言う…

【感想】『アンマーとぼくら』 有川浩

★★★☆☆ 泣いた。こんなのずるいわー。泣くに決まってるわー。「おかあさん」ってそう言うことね。なるほどねー。物語がどうこうという以前に、もはや設定で泣ける。もちろん小説としても素晴らしいのだけど、なんか設定がずる過ぎて正当に評価できない(笑) …

【感想】『烏に単は似合わない』 阿部智里

★★★★★ まいった。これはまいりました。すごい。正直、ナメてました。でも一応、ナメてかかったのには理由があるんですよ。 最近、年齢のせいかなかなかファンタジー系を純粋に面白いと感じられなくなって来ていまして。まあやっぱり年を取ると自由な空想の世…

【感想】『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』 井上真偽

★★★☆☆ わはは(笑)これはもう期待通りと言うかなんと言うか、まあ面白がれる人にとっては面白いでしょう。でもまあやっぱりそもそもいろいろ無理のある設定なので、マンガ的なノリでそれも許容できないと楽しめないでしょうけどね。ただ、そういう風に楽し…

【感想】『スティグマータ』 近藤史恵

★★★☆☆ 結局読んだのはツール・ド・フランスが終わってからになってしまいましたが、まあ終わった直後だったので良しとします(笑) 今回はドーピング発覚で過去の勝利歴がすべて取消となった名選手の数年ぶりの復帰、という話題を中心に物語が展開されます。…

【感想】『娘の結婚』 小路幸也

★★★☆☆ 何と言うか、小路さんらしい作品。なんでもないシーンを、なんでもないのに素敵に描く。読んでいてじんわりし、読み終わってほっとする。寒い日に飲むホットティーのような感じの小説。 book-aok.hatenablog.com

【感想】『ジョニー&ルー 掟破りの男たち』 ジャック・ソレン

★★★☆☆ 案の定、なかなか面白かったです。 ただね、なんつーか、ルー強過ぎwなんでしょう、この人。ランボーかターミネーターかと言うぐらいトンデモww途中からもはや笑っちゃって、脳内でシュワちゃんにしか思えなくなっちゃって、「あー、まあシュワちゃ…

『娘の結婚』 小路幸也

作者買いと言えば作者買いかな。実際、たぶん小路さんの名前が見えなければ手に取らなかったとは思います。でも読みたいと思ったのはあらすじを読んで、なんだかただの感動話ではなさそうだぞ、と。まあ小路さんなのでハズレることはなかろうし、薄くて読み…

【感想】『犬の力』 ドン・ウィンズロウ

いやー、時間かかったなー。まあ予想通りではありましたが、なかなか濃密でかつヘビーな内容で時間かかりました。とは言え、決して読みにくかったわけでも面白くなかったわけでもなく、むしろすごく面白かった。これはすごいわ。そりゃ続編出るわ。名作です…

【感想】『屋上の道化たち』 島田荘司

★★☆☆☆ うーん…これはですね、ちょっと難しい。物語としてはさすがに島田御大だけあって面白いです。いつも通り、序盤に「なんじゃそれ」と思うような奇怪な現象が起きて、そんなことに説明がつくわけがないと思いきや、御手洗君が颯爽と謎を解いて行く、とい…

【感想】『嶽神伝 孤猿』 長谷川卓

★★★☆☆ 前作に続き、安定した面白さですが、ただもう本当になんつーか山の民強過ぎw忍者業界でも「最強」に近いと言われてるような化け物に結構あっさりと勝ってしまうところとか、「いやいやいや、それはさすがに」とか思わないでもないです。あと、そんな…

【感想】『その可能性はすでに考えた』 井上真偽

★★★☆☆ 正直イロモノだと思っていたのですが、意外と楽しめました。「奇蹟」を証明するために、あらゆるトリックの可能性を否定すると言う、まあミステリとしてばトンデモな設定なので内容もそれなりに飛んでるわけですが、それでも読めたのはキャラが立って…

【感想】『オービタル・クラウド』 藤井太洋

★★★★★これは良かった!いやー、素晴らしかったなあ。こんなにすごいスケール感の宇宙小説を書ける人が日本にいるんですね。これはもうハリウッドが映画化権を買っても良いのではないかと思うぐらいのエンタメでした。そんな風に思えたのは『ジェノサイド』以…

【感想】『砕け散るところを見せてあげる』 竹宮ゆゆこ

★★★☆☆ なるほどなるほど。確かに、伊坂幸太郎さんが帯に書いていた通りの小説ですね。こういうのが苦手な人もいると思うし、僕自身、どちらかと言うと好きな方ではないかも。でも確かにこの構想自体はよく出来ているなあ、と。終盤、物語は急に展開が早くな…

【感想】『家康、江戸を建てる』 門井慶喜

★★★☆☆んー、正直に言うと、もう一つ星が多くても良いような気はします。それぐらい面白く読めたので。ただまあ何と言うか、これは単純に買う時に思ってたイメージとちょっと違ってた、というところがありまして。買った理由でも書いたように、これは「家康の…

【感想】『図書館の魔女 烏の伝言』 高田大介

★★★☆☆うん、面白かった。面白かったんですが、さすがに前作からの月日が経ちすぎていて、それを踏まえた設定部分はもう全然ちんぷんかんぷんwだからと言って前作は、「じゃあちょっと読み返すかなー」と気軽に思えるようなページ数ではなく(苦笑)と言うこ…