読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を買った理由を書いて行くブログ

読書が好きだけど感想や書評を書くのはちょっとしんどいし続かない、と言うずぼらな性格の愛書家が、「なぜこの本を買いたくなったのか」という理由だけを淡々と綴るブログ。たまに雑記も。

小説

『悲衛伝』 西尾維新

まあこれはシリーズ物なので。ここまで読み続けてますから買いますよね。 それにしても今回は宇宙ですか。まあ作者が作者なので、どこを舞台にして何をしようと驚きはしませんが、SF小説ではないはずなので、どういう感じでこの設定を料理するのか楽しみです…

【感想】『バサジャウンの影』 ドロレス・レドンド

★☆☆☆☆ うーん…これはなんとも… 正直に言うと、面白くなかったです。内容と言うか、プロット的なところではとても魅力的な部分もあったのですが、まずとにかく読みにくい。文章は翻訳者によるところも大きいと思うので、作者の責任かどうかは分かりませんが、…

『暗殺者の正義』 マーク・グリーニー

これは前作の『暗殺者グレイマン』と言う作品を読んで面白かったからです。これ、買ったのも読んだのも確か去年だったと思うのですが、ブログに書いてないですね…。忘れたのかな… 「大傑作!」と言うほどではなかったですが、なかなか楽しめるエンタメ小説だ…

『電王』 高嶋哲夫

えらく直球そのままのタイトルだな…と思いましたが、これはプロの将棋棋士とコンピュータとの対戦を小説の題材にしたものです。 知っている人はよく知っていると思いますが、これは実際にも実施されていて、「電王戦(現在は叡王戦)」と呼ばれる番組は、数…

『バサジャウンの影』 ドロレス・レドンド

「スペインでベストセラー」と言う帯の文句に惹かれて買いました。スペインの作家ってそう言えば読んだことなかったんじゃないかなー、と思いまして。 手に取った最大の理由はそれですが、あらすじもなかなか面白そうで。タイトルの「バサジャウン」と言うの…

『サロメ』 原田マハ

作者買いです、はい終了。 …なんですが、これは一見して表紙が「ぽくなかった」ので、危うく買い逃すところでした。 「ぽくない」と言うのは、原田さんぽくないと言うことではなく、そもそも小説っぽくないと言うか。なんかの専門書かな、という雰囲気で、つ…

【感想】『天子蒙塵』 浅田次郎

★★★☆☆ んー、これは困りました。 いや、面白かったんですよ。間違いなく素晴らしい。まだ今回のシリーズ的には導入編なのでしょうけれど、〈ラストエンペラー〉をそこから描くか、と言う視点はさすがですね。皇帝そのものではなく、前代未聞の「皇帝との離婚…

『スリーピング・ドール』 ジェフリー・ディーヴァー

大好きな〈リンカーン・ライム〉シリーズからのスピンアウト作品ということで、いつかは読もうと思っていた、「人間噓発見器」〈キャサリン・ダンス〉シリーズの一作目です。 もうだいぶ前から買うことは決めていて、いつ買うかだけだったのですが、えてして…

『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』 ピーター・トライアス、中原尚哉

これは設定勝ちでしょうねえ。 第二次世界大戦で日本が勝っていたらという、いわゆる歴史ifモノなのですが、通常の歴史ifモノはそのifの時代の続きを描くことが多いのに対して、この作品はそこからかなり後の話。と言うかSF。つまり、日本が第二次世界大戦に…

『ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者』 山浦玄嗣

これはもう純粋に面白そうだったからです。 裏表紙のあらすじや帯の「物語の背景」、推薦文など、どれを見ても面白そう。 蝦夷の物語は基本的に好みなので、高橋克彦さんのシリーズなんかも大好きなのですが、それとはまた一味違った雰囲気がありそうなので…

『宇宙探偵マグナス・リドルフ』 ジャック・ヴァンス

これはもうタイトル勝ちでしょう。だって「宇宙探偵」ですよ、「宇宙探偵」。そんなんもう気になるに決まってるやん。 そう言えば僕の世代は子供時代に「宇宙刑事」にだいぶ影響されましたが、刑事がいるなら探偵がいたって良いはずで。なんでもっと早くその…

【感想】『屋根をかける人』 門井慶喜

★★★☆☆ 星を付けるのがちょっと難しいなあ… と言うのも、序盤からの印象は良くなかったんですよ。理由はとにかく展開が早過ぎて。なんか冒頭に登場した時の主人公のキャラが、数ページ後にはコロッと変わっていて、その理由らしきことは確かに文中にあるのだ…

『屋根をかける人』 門井慶喜

タイトルで惹かれたのが6割、帯のあらすじで3割、作者が1割と言うところでしょうか。なかなか魅力的なタイトルですし、しかもこれが単純に大工の話とかではなく、外国人建築家の話だと言うことで更に興味が増した感じです。 なぜ「屋根」なのかと言うところ…

【感想】『リーチ先生』 原田マハ

★★★★★ とても良かったです。導入から一気に引き込まれ、最後までダレることなく楽しめました。僕は実際には数日に分けて読みましたが、「一気読みしたくなる本」と言って良いと思います。 そういう謳い文句の本って、多くはサスペンスとかミステリ系が多いと…

『小説家の姉と』 小路幸也

数か月前に買ったのですが、ここで取り上げるのを忘れていました。そして、当然と言えば当然なのですが、もはや買った理由を忘れました(笑)。 まあ、小路さんなので、たぶんそれだけで理由の8割ぐらいだとは思うのですけどね。他にも何かあったような気が…

『天子蒙塵 第二巻』 浅田次郎

まあ、続き物なのでそりゃ買いますよね。まだ1巻を読んでないんですがw いや、でもこれは計画的なものでして。だって内容忘れるもの。絶対。まあ既に発刊予定は出ていたので、先日の京極さんの例ほど時間が空かないことは分かっていましたけどね。ただ、3巻…

【感想】『書楼弔堂 炎昼』 京極夏彦

★★★☆☆ ふーむ。そうか、こんな感じの話だったっけかwとまあ、完全に前作の記憶がすっ飛んでいて、おそらく100%楽しめなかったんじゃないかと思いますが、それでも面白かったのはさすがです。 それにしても、京極さんの本を読む時はよく思うんですが、続編…

【感想】『壁の男』 貫井徳郎

★★★★☆ 良かったです。でもこれ、ミステリじゃないですね。いや、確かに帯にもどこにも「ミステリ」とは書いていないんですよ。でも作者が貫井さんだし、あらすじにもなんか「謎が明かされていく」みたいな表現があるし、そしたらミステリだと思うじゃないで…

【感想】『QED ~flumen~月夜見』 高田崇史

★★☆☆☆ やはりと言うかなんと言うか、読む前に思っていた通りの感想。詳しくは「買った」を参照ww …ってこれで終わるのはさすがにアレなのですが、いやもうほんと何なんでしょうね、この人との関係性はw分かってるんですよ。こういう感想になるの。分かっ…

【感想】『ハリー・クバート事件』 ジョエル・ディケール

★★★☆☆ 帯で絶賛されているだけのことはあって、なかなか面白かったです。ただ、そこまでどんでん返しが凄いと言うほどには感じなかったですが。まあこれは僕がコアなミステリ慣れしてしまっているので期待値が高くなり過ぎているだけかもな、と。いつものこ…

『書楼弔堂 炎昼』 京極夏彦

これはまあ簡単で、前作が良かったからです。まあ前作が出てから既にけっこう経ってしまっているので、内容とかはもうほとんど忘れてしまっているのですが、「良かった」という印象だけは覚えていまして。 確か、「百鬼夜行シリーズ」に繋がるような人物が出…

【感想】『太陽の棘』 原田マハ

★★★★☆ 良かったなあ…胸に沁みました。 原田さんの得意分野である画家の話なんですが、絵の描写はそれほど出て来ないんですよ。それでも沖縄の画家たちが描いた絵がどれほど素晴らしいものだったかは、なぜか目に浮かぶように分かる。 僕が一番好きなのは、主…

『ジヴェルニーの食卓』 原田マハ

なんでも何も、ずっと買わなきゃって言ってましたからね。もはや何故買ったかではなく、買ったことのご報告です(笑)。 短編集なので気安く読めると思いますし、また『リーチ先生』より先に読んじゃいそうだなあ(笑) ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫) 作…

『太陽の棘』 原田マハ

まだ『リーチ先生』を読めてもいないのに買ってしまいました。そして文庫だし薄いしと言うこともあり、既にこっちを先に読み始めています(笑)。 まあ原田さんだしそれほど多くを語ることもないでしょう。と言うか、『ジヴェルニーの食卓』を早く買えと。 …

【感想】『メビウス1974』 堂場瞬一

★★☆☆☆ これは感想に困るなあ… 小説としては面白かったです。ぐいぐい読ませるし、途中でだれることもなかったし。ただ、主人公に感情移入できない。イヤなやつ過ぎて。 ただ、この「イヤなやつ」の表現も難しいんですよね。物語によく出て来るあからさまな悪…

『QED ~flumen~月夜見』 高田崇史

高田さんはですね、なかなか因縁が深くてですね(笑)。このブログの前にも感想書いたりってことはFacebookやそれ以前はMixiなんかでやってまして。で、もうこのQEDシリーズも長いので、それこそMixiの頃からちょいちょい感想は書いてるんですが、ずーっとだ…

【感想】『夜行』 森見登美彦

★★★☆☆ なるほど、こう来ましたか。これはまいったな。本当に純文学じゃないですか。 いや、まあこんなこと言うと、そもそも「純文学」の定義とかから問題になって来るのですが、僕はごくごく単純に、「娯楽(志向)」か「芸術(志向)」かで判断しています。…

『ハリー・クバート事件』 ジョエル・ディケール

これはですね、何と言ってもあらすじが面白そうなんですよ。買った理由の大半はそこです。 ただ、どうにも不思議なのは、このタイトルをどこかで見た記憶があるんですよね…一瞬、古典ミステリの再販かな?と思ったぐらい。 調べてみると、確かに単行本で出た…

【感想】『虚実妖怪百物語 序・破・急』 京極夏彦

★★★★☆ これはwwいや、面白かったです。本当に言葉そのままの意味で面白かった。3巻組みでしたが一気に読んでしまいました。 帯だったかのどこかに、「京極版妖怪大戦争」と書かれていたので、まあ普通の内容じゃないだろうなとは思ってましたけどこれはw…

『パンゲアの零兆遊戯』 上遠野浩平

上遠野さんとは「ブギー・ポップ」シリーズで出会ったのが最初です。まあデビュー作なので、そう言う意味ではかなり長いお付き合い。デビュー作のタイトル『ブギーポップは笑わない』は、僕の中で個人的に素晴らしいタイトルベスト3に入ると思うぐらい好き…

『壁の男』 貫井徳郎

最初に手に取った理由は作者です。ただ、貫井さんの本はそれほど多くは読んでいないので作者買いではないですね。手に取ってみて、裏のあらすじとかを読んで、素直に「面白そうだな」と思ったので。 興味のある方はAmazonであらすじを読んでもらえればと思い…

【感想】『黄金(きん)の烏』 阿部智里

★★★★☆ 既に前作の感想時に予告済みですが、素晴らしかったです(笑)。 シリーズ3作目。よくあるパターンとして、そろそろ慣れて来たが故の物足りなさみたいなのが出て来る頃ですが、そう言うのまったくなし。それどころか、展開を見事にこれまでと変えて来…

『リーチ先生』 原田マハ

原田さんの作品は正直に言うと合うものと合わないものがあります。いや、正確に言うと、ものすごくハマるものと、それほどでもないもの、と言うべきか… ようはだいたい素晴らしいんですよ。ただ、中でもとんでもなく面白いものがあるがために、秀作が佳作に…

『虚実妖怪百物語 序・破・急』 京極夏彦

これはね、京極さんだからね、買いますよ。実は既に読み始めていて、ちょっとおふざけ系の内容みたいですけど、まあそれはそれ。京極さんなら買いです。これはもう年貢みたいなものなので(笑)。京極さんが妖怪を書くなら買う、と。もはや掟に近いですね。 …

【感想】『ヒクイドリ』 古野まほろ

★★★☆☆ 連続まほろ。しかも、初めてのシリーズ外作品。正直に言って、「まあ『天帝』と『セーラー服』以外も一回ぐらい試してみるか。あ、『外田警部』はちょっと例外ね」ぐらいの気持ちで買ったので、あまり期待もしていなかったのは事実です。で、感想とし…

『夜行』 森見登美彦

森見さんはデビュー作からのお付き合い。たぶん全部読んでいるはずです。デビュー作『太陽の塔』を読んだ瞬間に、「ああ、この人は天才(的な変態)だ」と感じてドハマリしました。なので作者買いですね。 以前、文章で憧れるのは浅田次郎と土屋賢二だと書い…

『天子蒙塵』 浅田次郎

これはまあ浅田次郎と言うだけで買うのは買うんですが、ついに『蒼穹の昴』シリーズの最新作が出たかと。しかもメインは清王朝最後の皇帝溥儀と、張作霖の息子張学良だそうで、こんなの世界史好き、特に中国史好きにはもうたまらん舞台設定なわけです。さあ…

『メビウス1974』 堂場瞬一

これは、たぶん数字がこれじゃなかったら買ってなかったと思います。と言うのも、1974年は僕の生まれた年でして。その年に起きた出来事を引きずった人物たちが42年後に再会して…と言うあらすじを見て、なんとなく他人事に思えなくて買ってしまいました。1974…

【感想】『鍵のかかった男』 有栖川有栖

★★★★☆ ああ、なんか久々に「ミステリ」を読んだ。そんな気分。最近はそもそも「ミステリ」というジャンルを読むこと自体が減ったのですが、そんな中でここ数カ月で読んだ「ミステリ」と呼べるのが、『その可能性はすでに考えた』『屋上の道化たち』『危険な…

【感想】『室町無頼』 垣根涼介

★★★☆☆ 期待していたのを100点とするのであれば、70点ぐらいには面白かったです。ただ『光秀の定理』と比べるとやや物足りない感はあり…まあ、明智光秀と言う、戦国の中でもそもそも魅力的な要素を多く持つキャラクターを扱った前作と違って、歴史上では実在…

【感想】『弁護側の証人』 小泉喜美子

★★★☆☆ うん、まあこんな感じかな。買った時に書いたのがほとんどそのままで、やはり古いミステリはいかに名作と言っても、トリックに驚きを求めちゃダメですね。なのに帯や紹介に「衝撃のラスト」とか「ミステリ史に残る結末」とか書かないでほしいなーとつ…

『熊と踊れ』 アンデシュ・ルースルンド ステファン・トゥンベリ

んー、なんで買ったんだっけ(笑)いや、面白そうなんですよ?面白そうなんだけど、買った決め手と言われるとイマイチ自分でもよく分からず…(苦笑)まあ敢えて言うなら、『犬の力』に似たような魅力を感じたことと、ここ最近読んだ海外モノが結構当たりが多…

『ねらわれた女学校』 古野まほろ

僕は古野まほろも大ファンなのです。100%作者買いするかと言われれば厳密にはそうではないのですが、間違いなく買うのがこの「セーラー服と黙示録シリーズ」と「天帝シリーズ」です。 何が好きって、それはもう独特の文章表現につきます。これは小説でしか…

【感想】『ミスター・メルセデス』 スティーヴン・キング

★★★★☆ なるほど、これがスティーヴン・キングか。さすがですね。いろいろありますが、何よりもとにかく読ませる。その力量はすごいです。 正直に言うと、これを「ミステリ」と呼ぶことには、個人的にはちょっと違和感があります。どちらかと言うと「クライム…

『弁護側の証人』 小泉喜美子

1963年の初出ということなので、僕より10歳以上も年上の作品。一応、それなりのミステリファンを公言しているのに、読んだことがなかったどころか存在を知らなかったのはお恥ずかしい限りです。 文庫で復刻と言うことで、近隣の書店に特設コーナーが設けられ…

『利き蜜師物語 銀蜂の目覚め』 小林栗奈

これは簡単に言うと書店で平積みされていたから…なんですが、たぶん半年前の僕なら買っていなかっただろうと思います。手には取ったろうと思いますが、おそらく買うまでは至らなかったかと。 でも買った。その大きな理由は、【八咫烏シリーズ】の当たりがあ…

『将棋の子』 大崎善生

実は僕は将棋ファンでして。と言っても完全な”見る将”なので、基本的なルールぐらいは知っているものの、定石も戦略も詰め方もまったく分かりません。「それで将棋見て楽しいのか」と言われるんですが、楽しいんですよね、これが。もちろん、解説付きと言う…

【感想】『危険なビーナス』 東野圭吾

★☆☆☆☆ いやー、今回はダメでした(笑)。【買った】の時に、ひがりんは合う作品と合わない作品がハッキリ分かれると書きましたが、今回は残念ながら後者。まったく合いませんでした。 理由はいろいろあるのですが、まず僕はこの作品のヒロインのようなタイプ…

【感想】『天切り松闇がたり5 ライムライト』 浅田次郎

★★★★★ 素晴らしいです。もはやそれしか言う言葉がありません。個人的に最も好きな作家と言っても良い浅田次郎さんの、さらに最も好きなシリーズである『天切り松』。毎度毎度本当に素晴らしい。いくら好きな作家とは言え、読む前からこれだけ【期待】のハー…

【感想】『烏は主を選ばない』 阿部智里

★★★★★ なるほどね。そういう構成ね。それでそう言うことがあったのね。 前作『烏に単は似合わない』を読んでいたなら(と言うかほとんどの人が読んでいるはずだけど)、このような感想を抱くはず。つまりこの作品は、『烏に単は似合わない』と対の構成になっ…